「茶事」とは、食事を伴った茶道の正式な集まりです。茶事の中で出される食事を茶懐石、または懐石(料理)と言います。
細かな決まり事も沢山あり、堅苦しく難しいと思われがちです。しかしその本質は「相手に喜んでもらいたい」という気持ちから生まれたもの。日本の伝統的な、そして究極のおもてなしの心が形になっていると言えます。今回は、このおもてなしの心と技を、普段の生活に取り入れ、日々の生活をランクアップして楽しめるようになる企画をご用意しました。

今世の中は、「早い」「簡単」が喜ばれる時代ですが、忙しい毎日のなかでも「一手間かける心」と、現代のライフスタイルに合った簡単でも本格的な技を身に付けませんか?本物志向の方も納得!の賢い手抜きもこっそりお伝えします。
本講座は輝和美ジャパンアカデミーとの合同企画になっております。講座の内容に即した、知っているようで意外と知らない学びもぜひお持ち帰りください。

日程
10月17日(水)14:00-16:00 出汁① 「出汁さえあれば何でもできる!」
出汁の基本知識と上手な取り方、活用方法
夏の名残を楽しむ一汁三菜(試食)
和食に欠かせない「あるもの」にまつわる和の話

まずは、お米を研いで出汁を取ること。
丁寧に取った出汁でつくる味噌汁、煮物、お浸し…「出汁を取る」この一手間が、優しく奥深い味を作ります。
10月はそのお出汁について、しっかりとお伝えします。

11月28日(水)14:00-16:00 出汁② 「自宅で「茶事」をやってみよう」
お茶事のおもてなしとは
霜月、茶人正月に因んだ献立(試食)
和食に欠かせない「あるもの」にまつわる和の話

12月19日(水)14:00-16:00 「和菓子とおもてなし」(予定)
和菓子の基礎
季節を堪能する和菓子作りと試食
日本文化を象徴する「あるもの」にまつわる和の話

3回連続講座ですが、1回のみのご参加も可能です。
全て参加される方が優先となりますので予めご了承ください。

講師:和食料理家 平田有子
~プロフィール~
2,000年 成城一宮庵、茶懐石料理修行。
和食、懐石、和菓子の経験を生かし、
食事会の主催、講座、料理教室など、
「食」をとおして和の文化を伝えるため活動中。

手間を惜しまず、日本人の身体に馴染み深い
「まごわやさしい」食材を取り入れ、肉、魚に
偏ることのない身体に優しい料理が特長。
「和食有千」の屋号で主催している食事会では、
繊細な和食コース料理、手書きの献立、手作りの
和菓子、お抹茶のお点前、和装でのおもてなしが
喜ばれている。

人数:6名 *最低施行人数あり

講座料:
3回分 会員 25,920円(税込)
非会員 29,160円(税込)
1回分 会員8,640円(税込)
非会員9,720円(税込)

お申込み:事前のお支払いにて参加確定とさせていただきます。
クレジットカード払い
会員 3回分 http://kiwabi.shopselect.net/items/13643375
会員 1回分 http://kiwabi.shopselect.net/items/13643463
非会員 3回分 http://kiwabi.shopselect.net/items/13643404
非会員 1回分 http://kiwabi.shopselect.net/items/13643523
お振込みは輝和美倶楽部の運営会社へお願いします。
みずほ銀行 恵比寿支店188  口座番号1612719 カブシキガイシャ ノリエルインターナショナルアンドアソシエイツ