一流の講師陣による、教養と和のマナーを磨く。より多くの人にもっと日本を楽しむための和稽古空間と体験の場として、敷居を低くした初めてのコミュニティクラブハウス。

漆講座


講師:安比漆器工房

講師プロフィール

藤森由美子 (安比塗漆器工房 施設長)
1968年 岩手県生まれ
1988年 安代町立漆器センター修了
1999年 安比塗漆器工房勤務 現在に至る
2004年 一級技能士認定(塗立)
内山雅代 (安比塗漆器工房)
1984年 神奈川県生まれ岩手県育ち
2009年 東北芸術工科大学美術科工芸コース漆専攻 卒業
2009年 岩山漆芸美術館勤務(螺鈿細工)
2011年 安比塗漆器工房勤務
2015年 フィンランドにて金箔貼実演、安比塗をつかった和食イベント開催

 

uchiyama fujimori

漆器は高価なものとして今や樹脂でできている食器を日用使いする人は多くみられます。日常から消えかかっている漆には日本の文化の基礎となる背景や歴史、そしてなぜ漆であるのかといった機能とその合理性があるのです。(写真提供:㈱浄法寺漆産業)
単なる体験だけをするのではなく、モノのルーツと必然性をまず最初に学ぶとともに、実際に手に触れて、制作など体験をすることによって、漆器の魅力を肌で感じていきます。

漆1

漆器は最近の研究では極めて高い抗菌力があることが発見されました。それは殆どの最近を死滅させるほど強力なもの。お正月のおせち料理が数日かけてだべられるものでその入れ物のお重が何故漆で出来ているのかがよくわかります。先人の知恵とモノのルーツはそんなところにもしっかり存在しているのです。単に樹脂加工でいいという訳ではなかったのか。こんな納得が自然にでてくるとともに、先人が大切に作り上げて来た漆文化の意味合いを再確認できる教養深い講座です。

漆職人

漆体験を実施していきます。(体験内容については随時アップしていきますj)

講座2 講座3 講座1

お椀 お椀1

 

資料請求・見学予約・ご質問/Contact TEL 03-4455-4981 10:00-17:00

メールマガジン購読申込み

2017年度講座開催日

ログイン(login)

ログインしていません。
PAGETOP