一流の講師陣による、教養と和のマナーを磨く。より多くの人にもっと日本を楽しむための和稽古空間と体験の場として、敷居を低くした初めてのコミュニティクラブハウス。

初めての義太夫三味線講座

  • HOME »
  • 初めての義太夫三味線講座

講師 野澤松也

プロフィール

重要無形文化総合指定保持者・伝統歌舞伎保存会会員
広島市生まれ、母の勧めで14歳から三味線を始める。
1972年 国立劇場第一期文楽研修生になる、その後、野澤松之輔の内弟子となる。
1979年 松竹歌舞伎座に入る。国立劇場「仮名手本忠臣蔵」で歌舞伎の三味線方として初舞台。1999年 重要無形文化総合指定保持者となる
2004年 「創作浄瑠璃の会」を設立
2016年 「三味線粋ジャパン」を設立

講座内容

■一回目「浄瑠璃について」
1 浄瑠璃ってなに?(講座)
・浄瑠璃の起源
・語り物音楽
・義太夫への繋がり
・人形浄瑠璃から文楽へ
2 生の「浄瑠璃」演奏を聴く(鑑賞)
講師による「創作浄瑠璃」の演奏(15分程度)
3 義太夫体験〜まずは声を出してみよう(体験)
自分の声で語る「義太夫の語り」を学ぶ
浄瑠璃の一節を歌ってみる
4 三味線体験〜三味線を弾いてみよう(体験)
King of Shamisenと言われる義太夫三味線を実際に弾いて、その音と重量感と「ゆらぎ」を実感してみよう
■二回目「三味線について」
1 三味線について(講座)
・三味線の起源〜三味線はいつ、どこから来たのか
・三味線と三線(さんしん)の違い
・三味線の材料
・三味線の種類
・三味線の構造
2 生の「浄瑠璃」演奏を聴く(鑑賞)
講師による「創作浄瑠璃」の演奏(15分程度)
3 義太夫体験〜歌ってみよう(体験)
自分の声で語る「義太夫の語り」を学ぶ
浄瑠璃の一節を歌ってみる(前回の復習と新しい一節)
4 三味線体験〜三味線を弾いてみよう(体験)
義太夫三味線を実際に弾いて、その音と重量感と「ゆらぎ」を実感してみよう
■三回目「義太夫について」
1 義太夫について(講座)
・文楽と歌舞伎における義太夫の違い
・義太夫狂言とは?
2 生の「浄瑠璃」演奏を聴く(鑑賞)
講師による「創作浄瑠璃」の演奏(15分程度)
3 義太夫体験〜歌ってみよう(体験)
自分の声で語る「義太夫の語り」を学ぶ
浄瑠璃の一節を歌ってみる(前回の復習と新しい一節)
4 三味線体験〜三味線を弾いてみよう(体験)
義太夫三味線を実際に弾いて、その音と重量感と「ゆらぎ」を実感してみよう

 

本講座は最低施行人数が揃い次第のご案内となっております。
ご希望の方は、info@kiwabi.clubまでメールにてお名前をし、エントリーさせていただくとともに、開始のメドが立ちましたら、ご案内させていただきます。

資料請求・見学予約・ご質問/Contact TEL 03-4455-4981 10:00-17:00

メールマガジン購読申込み

2017年度講座開催日

ログイン(login)

ログインしていません。
PAGETOP